アクセンチュア ボーナス。 アクセンチュアの給料明細【ガチ画像】・年収・ボーナス・評判

アクセンチュアの激務はもはや過去のもの? ホワイト企業化した現在

実際に、私の周りのアクセンチュア出身者からの話を聞くと、ストラテジー部門の社員は年収が高く、ボストン・コンサルティング(BCG)やマッキンゼーのようなトップクラスの戦略コンサルティングファームの給与水準に相当している人もいるようです。 職種別の平均年収 アクセンチュアでは、「コンサルタント」と「ソリューションエンジニア(SE)」の給与体系は別になっています。 簡単にいってしまえば、よその企業の手助けです。 またアクセンチュアではそれぞれの職位について X年以内に次のクラスへ昇格してくださいね という指標があります。 … プロジェクトマネージャー 基幹系・情報系業務システムの、技術基盤層の各ミドルウェアに関する要件定義、設計、構築、テストなどをお任せします。 この年数を見ればわかるように、ビジネスアナリストとコンサルタントが20代、マネジャーが30歳から35歳、シニアマネジャーが40歳前後といったところです。 ビジネスコンサルタント• 業績は右肩上がり。

Next

アクセンチュアの年収はどれくらい?新卒1年目から超高給ってほんと?

(参考:) 今回は、アクセンチュアの各部門とそれぞれの年収イメージや残業の実態、昇進制度について解説していきます。 査定評価で最低ランクを取ってしまうとボーナスが一切支給されません。 その責任者として、計画・設計・管理などを行います。 まず、アクセンチュアでは、みなし残業制度ではなく残業した分だけ残業代を請求できます。 アクセンチュアは、大企業ですので、このような制度はありません。 今は、そういった会社として、アクセンチュアの名前が真っ先に挙がることが多いです。

Next

【役職別】アクセンチュア(Accenture)の「年収・給与・ボーナス・残業代」

マネジングディレクターまでになると、企業の経営自体にも参画して経営責任も担うので、 年収は数千万〜数億円にもなります。 特に、新卒や第2新卒で入社した場合や、小さいファームほど、取得しやすくなるといわれています。 また、利益率は12%〜14%の間を推移しており、売上を伸ばしつつ安定した経営を行っています。 新卒~アソシエイトマネージャーの職位では以前ほど稼げなくなってはいるものの、日系のSIer等と比較すると、やはりマネージャー以上からの給与レンジの伸び方は魅力的であると言えるでしょう。 次に、アクセンチュアは年功序列ではなく、成果報酬型の評価制度を採用しているため、成果に応じて高年収を狙える仕組みになっています。

Next

アクセンチュアの年収【大卒新卒】や20~65歳の年齢別・役職別【アナリスト、コンサルタント、マネジャー】年収推移|平均年収.jp

キャリトレの実際の求人情報 成長企業の求人情報No1 アクセンチュアのような会社に興味がある方には、 キャリトレで情報収集をすることがおすすめです。 自分のニーズに合った会社を紹介してもらえる• 求人の量・質 公開求人6万件、非公開求人8万件と豊富な求人量が強み。 このことから、厚生労働省が出している年収データ、及び職種ごとの年収比率データを元に、アクセンチュアの職種、性別、年代別の推定年収を算出しました。 アメリカ大使館の隣です。 ・アクセンチュア・コンサルティング 「デジタル・テクノロジー・オペレーションズ」の各領域のサービスとコンサルティングとを一体的に組み合わせることで、全社レベルの変革(トランスフォーメーション)の実現を支援する」としています。 ご理解の上、ご参考ください。

Next

【出身者談!】アクセンチュアの転職事情と実際の年収や評判

アクセンチュアについて 会社概要 社名 アクセンチュア株式会社 本社所在地 代表者 江川昌史 売上 — 従業員 11000 業界 コンサルティング 企業理念 日本の新たなる成長へ、「人不足」の足かせを解き放つ 日本法人の代表取締役である江川昌史氏は上記のメッセージを残しています。 次に挙げるコンサルティングよりも、より経営の全般にわたってかかわることになります。 第二新卒・途中入社 外資系だけあって、第二新卒での入社や、経験者採用での途中入社も珍しくありません。 30代の推定平均年収:900〜1011万円 アクセンチュアの30代の平均年収は、900〜1011万円だと想定されます。 「実力主義の会社だけに、最初はSEであっても、がんばりしだいでコンサルに変わる」と期待する人もいるでしょう。 そのため、成果さえ出せば、交渉次第では年収をどんどん上げることができるので、若い社員にとっては満足できる年収になっています。 アクセンチュアの昇給・ボーナス アクセンチュアは昇格しなくても、毎年の評価で3%~10%ほどですが、年収がアップします。

Next

アクセンチュア株式会社の年収・給与(給料)・ボーナス(賞与)(IT系エンジニア(アプリ開発、ITコンサル他))|エン ライトハウス (9462)

アクセンチュアの一般社員の推定年収は、637万円です。 ですが、アクセンチュアでは、ある程度の部門がわけられていて、それに対して応募する形になっています。 求人案件の取りこぼしを防ぐために、登録は必須と言えます。 では、アクセンチュアで、上記の30時間を超える残業した場合、それに見合った残業代を付けることはできるのでしょうか。 テクノロジー(システム化)• 初任給は高水準であることが分かりますが、ファームによって年次毎の年収上昇率は異なるため、初任給の差がそのまま平均年収の差に繋がるわけではありません。

Next