やはり うちはマダラか。 うちはマダラの名言・名セリフ|NARUTO

うちはマダラの名言・名セリフ|NARUTO

見えざる世界『輪墓』にもう一人の自分を出現させ、攻撃や防御を行う。 始末しようとしたサスケ達を火遁・灰塵隠れの術で難なくやり過ごし、一度引き抜かれた尾獣達を捕らえようと挑む。 神羅天征:作中最大威力なら木の葉の里 十〜数十キロ程度か)を更地に変える威力の衝撃波。 魂を封印などしたりしない限り、分子にまで分解されても瞬時に復活する。 九喇嘛を引き抜かれたナルトは瀕死になってしまった(キラービーも牛鬼を抜かれたが、切断されたタコ足に触れることで八尾のチャクラを確保し無事に済んだ)。 うちは返し 一族当主の証である「うちは」を使ったカウンター技。

Next

うちはマダラの名言・名セリフ|NARUTO

【名シーン】ジャンプ史上最高の『敵同士の対決』ってなんだと思う?• 威力は神羅天征以上か。 その後、九尾を引き連れて木ノ葉隠れの里へと襲来し、迎撃に現れた柱間と激突し敗北、死亡したと伝えられている。 【ハンターハンター】ネテロVS王の名バトルを再現した15万円フィギュアのクオリティwwwwww• 本編での活躍 生前 うちは一族の当主・タジマの嫡男として戦乱の時代に生まれ育つ。 万華鏡写輪:写輪眼の進化系。 永遠の万華鏡写輪眼:写輪眼の進化系。 さらにオビトが隠した右眼の輪廻眼を回収した白ゼツがマダラに渡したことで戦況は一変 白ゼツの右腕を切り落として移植した。 EDアニメも、• 『言葉のいらない約束』の、• ED「」(・演出・)• ジェイスターズではこれを使うとマダラも巻き込まれる ダメージは受けないが。

Next

言葉のいらない約束とは (コトバノイラナイヤクソクとは) [単語記事]

物理的に柱間の顔が胸に眠っている。 -- - GRONS-• 「もう礼はいらん……こっちに来い」 「今日からお前が救世主だ」 「この世の救世主」となることを決めたオビトに、うちはの禁術であるイザナギや陰陽遁の使い方、計画の全貌や進め方などを教えた後、外道魔像から己を切り離して死亡した。 その姿に果てしない凄惨な戦乱を重ねてきた人々が、今一度共に手を取り合い、争いのない平和な世界を築こうと変わっていき、世界を動かしていく姿という世界観。 天道:引力と斥力を操り、下記の技や空中に浮遊したりできる。 マダラとしては珍しい「逃げ」の術だが、恐らく少年時代に千手一族との戦争で使っていたと思われる。 「 君の背中押す」背後に映る唯一無二の好敵手の力の姿と「 結んだ約束」前方に映るマダラの味方達。 【ワンピース】• 火遁・灰塵隠れの術 周囲のものを燃焼させ、塵と灰をまきあげる術。

Next

小柳達也とは (コヤナギタツヤとは) [単語記事]

66 ID:Bi0D4fMT0 名前忘れたけど土に埋まってる不死身のヤツって何の解決にもなってへんよな. 半裸で連合軍相手に大暴れするマダラ• 、'nより。 系譜 5人兄弟だったが、幼少期にの手で3人を失い、後に弟のイズナも扉間に傷を負わされて死亡する。 ダルイが持っている嵐遁と同じなのか不明。 【名前】うちはマダラ 【属性】うちは一族創設者 【大きさ】身長数キロ程度の巨人 須佐能乎)+成人男性並み 【攻撃力】素では達人以上。 。

Next

言葉のいらない約束とは (コトバノイラナイヤクソクとは) [単語記事]

やはり、うちはは悪に憑かれた一族…! なお、タツヤは続編である『』の第2期ED「ムーン」でもがとなるEを担当しており、うちは一族ED担当として不動の地位を築きつつある。 「 ぶつかっていた」本当は互いに手を取り合える日を願い、手を伸ばし合いつつも、「 本当は追い付きたくて」マダラと唯一無二の親友にして好敵手である柱間との対立してきた過去、「 傷つけ合って」忍界における果てしない忍同士の戦乱と、それによる流血の末、「 繋ぎ止める 絆ほしくて」なんとか里の在り方を築き、忍五大国による五影体制を築くことで一応の「 忍」界の安定をもたらし、戦乱を収めていった流れ。 地爆天星:ブラックホールのような握り拳程度の大きさの黒い塊を投げつける。 死なぬ体……無限のチャクラ……それが制御不能で暴れ出す」 「術者に言っておけ。 餓鬼道:不思議攻撃を吸収できる。

Next

サスケ「うちはマダラ? 知らんなそんな奴😏」

胸に移植した柱間細胞を見せたりする• 言葉のいらない約束とは、 の究極幻術のである。 。 発動は瞬時。 アニメでは貫通力を高め、着弾と同時に炎をまき散らす「火遁・龍炎業歌」という上位版も披露。 一族の者達へ里を出るよう訴えかけるが、同盟を結びに来た岩隠れの無とオオノキを独断で襲撃するなどの横暴の結果、争いに疲れ果てていたうちは一族内ではすでに厄介者とみなされており、ついてくるものは誰一人いなかった。 から使用された第33期ED「」でも再び演出・を手掛けるが、可らしいの歌を の曲に塗り替えた事で一躍注を集めた。 そして南賀ノ神社の地下のうちはの石碑前にて、柱間へ本当の夢 月の眼計画 へ向かうまでの間、柱間との戦いを楽しむと告げ、里を出る。

Next

ワイ、このナルトのシーンがコラ画像じゃ無かったと知り驚嘆するwwwwwww

そして、ミナト達の救援に現れたガイと対峙。 の二人の息子の内、兄・の転生体。 また、「をむやみに使うでないとな」や「またお得意の影分身か?禁術をそう何度も」 と逆に戒める言葉を言っている(もっとも、上の二つの術は憎きの術でもあるが。 オ前ハ救世主デモナク…………ソシテ終ワリデモナイ」 突如、背後にいた黒ゼツが乗っ取っていたオビトを使ってマダラの左胸を突き刺す。 この惨状に「こんなのはまやかしに過ぎない」と言うナルト達に、 「 ナルト…皆の幸せの邪魔をしているのだ…お前は。 復元された肉体はカブトによって特別なチューニングが施されており、柱間の細胞が移植され木遁が使えるようになっている。 ワンピースの「斬撃」とかいう薄皮一枚削るだけの無能技wwwwww• 『』33代。

Next

ワイ、このナルトのシーンがコラ画像じゃ無かったと知り驚嘆するwwwwwww

歴史の闇 一度は死亡するが、写輪眼の秘密を解こうとする扉間が自分の死体を処分せずに保存するとふみ、事前に片眼に仕込んでいたイザナギによって復活を果たし、生き延びた後歴史の表舞台から姿を消す。 花の花粉を吸った相手の体を動けなくし意識不明にさせる。 【特殊能力】写輪眼:細胞サイズの爆弾や不可視もの、チャクラ(気のようなもの)が見えるようになったり 高い洞察能力で相手の動きを先読み、またはまったく同じ動きが出来るようになる。 偽りの肉体での復活 作中当初は=オビトが彼の名を騙り暗躍していたが、大戦でによって本物がで口寄せされる。 だがギリギリのタイミングで黒ゼツがオビトを操り、輪廻天生の術でマダラを生身の肉体へと蘇生させたことで本来の力を取り戻し、封印を逃れることに成功。 黒い塊を中心にそこら辺の地面や森や山を数キロくらいにわたって抉り取り、 それにより出来た巨大な球体で相手を押しつぶす。 輪廻眼:上記の写輪眼の最終形態。

Next