幽霊 ペンション。 幽霊ペンション

福島にある幽霊ペンションの話

宜保愛子氏が入ることが出来なかったという地下室へと繋がる入り口は暖炉の横にあったというがゴミで埋まっていて現在は進入不可となっている。 更に誰もいないはずの建物内で突然、ピカッと激しく光り、一緒にいた友人が『ヤバイ!』と言い速効車に飛び乗り逃げました。 これも地域の方のヒアリングと一致します、そう…そこで疑問に思いませんか。 宿泊施設を建設する場所は本当に限られてくる、行政区分で管理されている自然保護推奨区と国有地、既にゴルフ場建設などの計画で抑えられている広い未開発地域を除くと地元住民の住宅街と隣接する小さな廃農家跡地や個人所有の森林地域しか残されていない。 カメムシは壁はカーテンにも多く生息している。

Next

【シリーズ・心霊スポット】幽霊ペンション

少し猫背の爺さんがしがれた声で部屋に案内してくれた。 より落書きが増えた様な気がする。 郡山側は崖崩れにより車での通行は不可。 廃業した地元の不動産会社さんに話を聞く これ、実は全く別の雑誌の仕事でお知り合いに成りまして。 ・部屋がとても不潔で、ホコリや虫の死骸だらけでした。 おかしいな〜と思いながら 友達のiPhoneで動画を撮っていると、 しばらくは大丈夫だったのですが、 ペンション内部でやはり自分のiPhoneと 同じように電源が落ちてしまいました。 部屋にはテレビありません。

Next

幽霊ペンション(翁島ペンション)

この香ばしいエントランスを抜けてすぐのところ 奥のレンガ造りの暖炉が、このペンションの一番の見どころだ。 この地の開発までの歴史を辿る事は出来ましたが頓挫した宿泊施設群のその後や、たった一軒だけでどれだけ営業が継続出来たのか…など残された謎は少なくありません。 その朝食のテーブルに置かれたお茶が入った ポットは錆びて汚くて廃品回収からもってきたとしか思えない。 そこでスゴログはその手の噂に終止符を打つ為にこの地を管轄する行政に問い合わせてみた。 元々閑静な農村地帯から少しづつ発展した土地だけに余所者が頻繁に往来する事に反対だった様だ。

Next

幽霊ペンション

当時20代前半だった私は車で友人一人を乗せてドライブし、 友人と会話しながら勢いで有名な心霊スポットに行ってみるか という話になりましたが場所の詳細がはっきりしない為、 ちょうどコンビニで売っていた 心霊スポットの地図を購入して までして目的の場所に行ってしまいました。 現在では森に囲まれ、南側は畑として綺麗に整備されているが開発が始まった当時は北側同様に木々に囲まれた鬱蒼とした区画だった。 私は迂闊にも宿泊前にその写真を見ていませんでした。 このペンションのオーナーが地下室にあるワインセラーで自殺して、それを発見した妻は狂って息子の命を絶つという噂が広がった。 なので、 これは霊による現象?なのか、 寒さや気温によるiPhoneの不具合?なのか 教えてもらいたいです。 旅行が趣味で数多くの宿を経験しましたが、ここまで酷いところがあるとは。

Next

幽霊ペンション:福島県

噂が先行した不運な心霊スポット 成程、言われてみれば階段部分にもロビーの際にも手摺のベースや穴がない。 。 そうなのです、この紅葉は計算されて「紅葉」しているのです、つまりこの一帯の森は植林によって作られた森でもあるわけです。 状況把握を進めよう。 「かからない…. 知人の和室はもっと恐ろしい。 後の翁島ペンションと成る「最初の宿泊施設」の建設が開始されたのが1976年、建設に携わった建設会社や不動産会社の方ではないのであくまでその内容を知りえた人物とだけお断りしておこう。

Next

心霊スポットひとり旅:福島県:お化けペンション

常識的な精神をもつ方はこのペンションを利用することを辞めてください。 北側と南側も勿論植林ですが宿泊施設から見えない為に低予算で植林出来る樹木が選出されています。 月明かりでした。 しかし、ペンションに向かう途中の道で友人が老人とすれ違い挨拶をしました。 店員さんは若い男性だったのですが「幽霊ペンション」と聞いた途端嫌な顔をしこう答えました。

Next