ステゴサウルス。 ステゴサウルス

ステゴサウルス、剣竜類の代表は剣竜類の変わり者

Dinologia,• 2001. 腰椎 ようつい 骨で後肢上の位置には神経組織の入った脊髄腔 せきずいくう があり脳より大きかったが、それは後肢と尾への神経索が必要とする体積よりずっと大きいので、鳥類同様にグリコーゲン体が占めていたのではないかという。 武器としては尾の先にある4本の長大なスパイクが役立ったようで、これによる傷跡と思しき窪みがついた化石も見つかっている。 この標本の再分類は、標本間の全ての差異が、種間変異によって説明され得ることを見出した後になされた。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 薄いが高密度の外壁を有し、厚いスポンジ状の骨で満たされている。

Next

ステゴサウルス科

Science 284 5423 : 2137—2147. 低いプレートの方が面積が広く、ディスプレイにおいて有利であることが根拠とされる。 76—102. 2012年に、組織学的な研究が実施され、ヘスペロサウルスの皮骨(骨化した皮膚)は、その構造がステゴサウルスのそれと本質的に同一であると結論付けられた。 体温調節に関しては、現生のウシやアヒルが、角質で覆われているにも関わらず角やくちばしを使って余分な熱を放射することは完全には妨げられていないので、いくらかは利用された可能性はある。 また、全ての剣竜類は尻尾に2対のスパイク(トゲ)を持っています。 Sereno, Paul C. 分類はここらへん。 2009-05-22. アロサウルスのような頭骨を軽くするスカスカな穴だらけの頭骨ではなく、箱型で頑丈そうな頭です。

Next

ステゴサウルス科

ちなみにアルマトゥス種は標本の保存の悪さから独自性が否定されている。 しかし、2017年現在までに行われたステゴサウルス類の最も広範な2つの系統分析では、ステゴサウルス類内の類似の系統発生関係を示している(下記参照)。 北アメリカ西部のジュラ紀後期、約1億5570万年~1億4550万年前の地層から産出した全長9メートルの草食恐竜。 ステゴサウルス 学名:Stegosaurus stenops(ステゴサウルス・ステノプス) 分類:爬虫綱 双弓亜綱 主竜形下綱 恐竜上目 鳥盤目 装盾亜目 剣竜亜目 ステゴサウルス科 時代:中生代 ジュラ紀後期 発掘地:アメリカ、ポルトガル 体長:9m 学名の意味:屋根トカゲ ステゴサウルスは剣竜類 ステゴサウルスは、ジュラ紀後期(キンメリッジアン~チトニアン:約1億5730万年前~約1億4500万年前)の北アメリカにすんでいました。 ステゴサウルス亜科• ステゴサウルスの頭骨 ステゴサウルスの頭骨です。 5ミリメートルであり、それぞれが約2ミリメートル離れていた。

Next

ステゴサウルスとは

325. (わりと)軽量だった初期の剣竜類は両肩に長いスパイクを持ちますが、腕や肩に噛み付かれてひっくり返されるのを防御するためだったのかもしれません。 armatus ステゴサウルス• 体温調節以外の骨板の役目としては、たとえばディスプレー用であったかもしれない。 " Journal of Vertebrate Paleontology 12, no. 骨板のほうは表面に無数の溝があり、内部は蜂 はち の巣構造になっていて、そのそれぞれに血管が通っていたと考えられる。 肩の筋肉は強力で、長い後肢を支点に体を回転させ、尾を曲げねじることで棘 とげ を敵に突き刺したであろう。 使用目的には諸説あるが、表面と内部に多くの血管の跡と思われる痕跡が発見されたことから、の大きな耳のように、熱を放射し体温を調節するのに役立っていたとする説が有力。 怪獣の背びれのデザインはステゴサウルスが元となっている(シリーズ第1作『』、第22作『』にはステゴサウルスの骨格標本が登場する)。 Proceedings of the Royal Society of London B: Biological Sciences 276 1663 : 1815—1821. 最初にウエルホサウルス、およびファヤンゴサウルス属のもとで記載されたステゴサウルス科の標本は、2010年にメイドメントらによってそれぞれステゴサウルス・ホムヘニ Stegosaurus homheni および Stegosaurus mjosi の名称でステゴサウルス属として再記載された。

Next

ステゴサウルス科

剣竜類はおそらく高さが約1メートルまでの若葉を食べていたと思われる。 剣竜類の中でよりに近縁な全ての種が含まれる。 興奮すると板の血管が充血して赤い色になった、という説もあります。 胴体側面の下部の一部は、直径が2〜7ミリメートルの小さな六角形で重なり合わない凸形のの列が観察できる。 ステゴサウルスもアロサウルスも、同じ時代(ジュラ紀後期)の北アメリカにすんでいました。

Next

ステゴサウルスとは

剣竜類の代表種なのに他の剣竜類と共通しないイレギュラーな特徴を持っています。 恐竜の中でも特に有名な属の1つである。 (スパイクのほうが大きい)。 ステゴサウルス類はファヤンゴサウルス科と異なり、前上顎骨の歯を失っており、前肢が後肢より短いという特徴がある しかし、これらの2つの特徴は、ファヤンゴサウルス科以外の非ステゴサウルス類にも存在する可能性があるため、ステゴサウルス科の診断には使えない。 関連項目 [ ]• 最新の研究では、成体となった後にも板が成長していることが判明しており、仲間同士におけるディスプレイだったとする説が提唱されている。 ステゴサウルスは森林ではなく、乾燥したサバンナのような開けた場所にすんでいたことが分かっていて、木の葉ではなく、低い場所にあるシダなどを食べていたようです。 この項目は、に関連した です。

Next

ステゴサウルス科

その他の詳細はを参照。 周囲の堆積物に遺された皮膚の印象と、内臓などの柔らかい部分が腐敗する前にその空間が沈殿物で満たされたことで形状を保存している物が調べられた。 Berkeley: University of California Press. よく解明された系統発生では、新しく発見された首の長いミラガイアおよびダケントルルスを姉妹分類群とし、ダケントルルス亜科を構成する。 United States National Museum. In Carpenter, Kenneth ed. この低数値は、逃走よりも防御用装甲と尾部の武器に頼ったことを示すであろう。 ; Wood, Lowell 2005. Naish Darren 2010年. ヘスペロサウルスとウェルホサウルスはステゴサウルスと同種ではないか、という説もあります。

Next

ステゴサウルス、剣竜類の代表は剣竜類の変わり者

喉の部分には、小さな骨片で構成された装甲板が存在したようである。 これらの溝は、深さが約0. その事から、プレートはよく説明される体温調節ではなく(角質で断熱されるため)主に防御機能を有することを強く示すものとして分析された。 1877. この構造はしばしば明るい色に復元されるが、この鞘によってディスプレイ機能も強化されていただろう。 これら様々な個体のプレートは関節していなかったが、セイタはどれが頸椎、胴椎、尾椎のどの列に位置していたものか、その形状によって判断した。 では以下の状態が確認された。 そのはまた、細長い頸肋骨後部に突出する頸椎上の前関節突起の共有によって、ダケントルルス亜科とステゴサウルス属の間の姉妹群関係も示唆している。

Next