巨砲主義。 ”大艦巨砲主義”のまぼろし(dragoner)

”大艦巨砲主義”のまぼろし(dragoner)

ここの節名が適切ではありませんでした。 そのことはJSCとザハ・ハディド氏との契約内容をみても明らかだ。 レールガンが実用化するかどうかはともかく、タンカーとの衝突も増えてきた昨今、多少なりとも被弾を考えた装甲が必要になっている…のかもしれない。 その結果、戦艦とそれに搭載される主砲は急速に巨大化し、また数量で他国に負けないために大量建造が行われた。 JSCの説明では、オリンピック時には外苑地区の一部にサブトラックを仮設で対応するとしているが、これではオリンピック後の陸上競技大会には使えない。

Next

不沈戦艦大和の最期

実戦で力を発揮できなかった大和 アメリカ空母大増産 米の進歩した対空砲火 空しく引きあげる大和 来襲する米の航空機 戦艦武蔵沈没 真珠湾のアメリカ海軍壊滅 米の艦載機 昭和16年12月8日、太平洋戦争勃発、その8日後、大和は洋上に姿をあらわした。 あまり決定的な手がかりではないのが歯がゆいところである。 各括弧数値([1]など)の頻出は可読性も下げるのではないかと考えてます。 期限内は待ちます。 。 こういうことなのではないだろうか。 本級は複数配置された同一口径のを一元的に管制する方式を採用し、従来のとは較にならない戦を得たことに加え、蒸気タービンの採用による優れた性も併せ持っていた。

Next

大艦巨砲主義とは (タイカンキョホウシュギとは) [単語記事]

5万m 2、競技等機能は2. 結果は大戦果となった。 したがって、導入部分では、黄海海戦や日本海海戦などに触れずに、ドレッドノートにだけ言及するのが得策だと考えています。 この時期には戦艦は戦略兵器であり、他国より強力な戦艦は国威を示すものだった。 小幅修正の根拠が不明だからです。 コンクールの対象はデザインのみで、選ばれた建築家の業務はデザイン監修(委託経費13億円)とされ、実際の設計はJSCが主導し、JSCの考えで内容を大きく変えることができる。 大和は巨砲主義ではあるが、出来るだけ小型の艦体にこだわったという点において大艦からは外れるのである。 今回、出典の提示を要求している「」には出典がありません。

Next

”大艦巨砲主義”のまぼろし(dragoner)

[ ] 戦後、大艦巨砲主義に反対していた日本海軍の航空主兵論者たちは次のように語っている。 元大和乗組員の著書「戦艦大和の最期」にある言葉 「進歩のない者は決して勝たない。 世界最大の46センチ主砲が敵戦艦に火を噴くことはなく、この最後の艦隊出撃で、撃墜したとされる敵機はわずか3機だった。 あなたは私が出典不明と独自研究を理由に削除した記述をされました。 Conway's History of the Ship, London: Conway Maritime Press, 30 May 1992. この件に限らず、貴方の記述に異を唱えるつもりなら用意できるネタは一つや二つじゃないんですよ。 当時の日本の国力では空母建造と並行して戦艦を揃えるのは不可能なため、建造出来る戦艦の数は限られました。 場合によっては文字数制限を設けたほうがやりやすい。

Next

KURIMATA's Page

「イギリスやアメリカにも大艦巨砲主義が存在した」の一次資料が何を指すかはわかりませんが、「二次資料」がウィキペディアの記事の参照先として依存する素材庫になります()。 『大艦巨砲主義の盛衰』も使用できます。 「安倍政権の原発政策は、時代遅れの大艦巨砲主義」(マスコミ市民,2013年8月)• 戦艦同士の艦隊決戦によって戦争の帰趨を決しようとする軍事思想 c. の Z計画、H級戦艦であろう。 端的に言えばあなたが出典の明記されている記事まで大量かつ連続で削除書き換えをする常習犯だからです、なので必要とされる出典箇所を明記するよう依頼しているのです、それと一つ完違いをされているようなので申しますが、wiki内の参照元で出典されている部分に対しては参照先のページでの出典は不要です、これも差し戻しをした理由の一つです。 節の構成は、導入文と「定義(思想)」「歴史」に大きく分けられると思いますが、「戦艦中心主義」を「大艦巨砲主義」と分けて説明する出典が十分にあるなら「定義」の節の下位に「大艦巨砲主義」「戦艦中心主義」と節を分けてもいいと思います。 Page Counter Since 07. つまるところ、 厳密な意味でのは技術の進歩によるあだ花、偏った方針によるバグという奴ではないのだろうか。 もうこの頃からは本文に挙げた2例に留まらず、十でも二十でも出てきます。

Next

ノート:大艦巨砲主義

重ねて申しますが、29,834バイト分の記事を一括で出典するよう求められても無理難題としか思えず、どの程度の事を求めているのか判断出来ずに不可能と言わざるを得ません。 本来一読者としてコメントだけするつもりだったのですが、これも何かの縁かと思って私も加筆に参加する予定です。 「大艦巨砲主義」を理解する上で欠かせないほど、「大艦巨砲主義」の概念がこれらの組織と結び付けられて認知されているのであれば例示も必要かと考えますが、そうではないと言いたかったわけです。 [ ] でも、時ので大艦巨砲と「艦隊決戦」を至上とする考え方が確立された()。 マリアナ沖海戦である。 引用されている『アジア・太平洋戦争辞典』、『証言録 海軍反省会 四』33回、『証言録 海軍反省会 六』46回、トーマス・C・ホーン Thomas C. 多分そういうことでしょう。 BfDXjJtUZv6qさんは「存在しないか、あるいは適用頻度が極めて限定されたもの」と書いてるし、対応すると思われる表現も別にあげてる。

Next

大艦巨砲主義|アルキメデスの大戦

--() 2018年5月21日 月 11:17 UTC 「ない」ことの証明は不可能でしょ。 最後に老婆心からの一言添えますが、このノートの履歴はお二人だけで延々続けられている状態で、明らかにヒートアップが見られます(ほぼ交互に書いている状態ですね)。 それを東京の真ん中に、しかも狭い敷地いっぱいに建てないといけない。 具体的に言えば、艦隊決戦や重装甲がなぜ定義文に入るのか分かりません。 大きさに信仰なんてものは関係なく、当時の状況と判断と技術がそうさせた結果であり、信仰にその原因を求めるのは問題を単純化して見ようとする悪い例です。 理由は上で述べた通りです。

Next

[B! ロシア] 米「経済制裁するぞ」→露「やってみろ」 露「売った10兆円分」→米「え?マジ?」 : 大艦巨砲主義!

--() 2018年5月20日 日 04:01 UTC 帝国海軍は日米戦前に大艦巨砲主義から航空主兵論へと転換したのか、その根拠となる文献は何か、が基本的な争点でしょうか。 が実戦ではあまり意味のない食いであるという認識を各の軍関係者がどれほど共有していたかはともかく、財政が傾くほど巨額な経費がかかるの建造を抑えるべく、戦間期にの建造は条約によってされることとなり「軍」と呼ばれる時期を経て、へと至る最後の建艦競争に突入した。 大も、はをのたびに沿撃用に引っり出し、後にやを搭載するを。 出典: 毎日新聞の記事では、宗教家の言葉を引く形で「大艦巨砲主義の誇大妄想」とそれが生んだ「浮沈戦艦への信仰」と、批判的・否定的なトーンで伝えています。 火星と呼ばれる天体が存在する、ということは事実です。 --() 2018年5月6日 日 11:39 UTC• 超弩級艦の場合、海外でも「従来の標準的な艦砲(12インチ砲のこと)を超えた砲」を搭載すると定義されており、弩級艦とまた別にエポックな艦種と認知されていることが伺えます。 16)」のように使われたりしております。

Next