導きの龍骨【陸珊瑚。 【MHWアイスボーン】カスタム強化に必要な素材(マスターランク)と入手方法【モンハンワールド】|GAMY

【MHWアイスボーン】導きの龍骨【陸珊瑚】の効率的な入手方法【モンハンワールド】|ゲームエイト

導きの地でしか得ることのできない素材が沢山ありますので、 欲しい素材を確認してから、モンスターを倒しにいきましょう! 特殊痕跡の解析 フィールドに 「縄張り争いの跡」や モンスターの部位破壊や剥ぎ取りなどから、 特殊痕跡を手に入れることができます。 MHWのマップ• 歴戦リオレウス希少種• 巨大骨塚は1度のみ採取でき、「導きの龍骨【陸珊瑚】」を1個確定で入手できる。 Ver. カスタム枠の拡張を除き、カスタム強化をしても戻すことが可能で、戻した場合も素材が戻ってくるため、 様々な組み合わせを気軽に試すことが可能です。 資源レベルが最大になると確定で1個入手可能 資源レベルのゲージが最大になると「巨大骨塚が発生!」というメッセージが表示され、マップ上に「!」マークが付きます。 巨大鉱脈は一度セリエナに帰還しても消えることはありませんが、忘れないために早めに採掘しましょう。 以後出現。 これは導きの地の仕様の一つで、 全部の地帯レベルをマックスまで上げることは出来ないみたいです! レベルが下がるのには理由があって、地帯レベルが上がると 歴戦モンスターが出現するようになるからです! 通常モンスターと歴戦モンスターで取得できるアイテムが違うので、レベル3の通常モンスターの素材が必要になったら、レベルを下げたい地帯以外のモンスターを狩猟することで、徐々にレベルを下げることができます。

Next

【モンハンアイスボーン】導きの地の攻略まとめ【MHWI】

地帯レベルという独自の仕組みが存在し、攻略を進めると新しいモンスターを発見できる。 ここの巨大骨塚で採取すれば「 導きの竜骨【瘴気】」が確定で一個入手できる。 01から 地帯Lvを固定(全て固定される)できるようになったため、変動させたくない場合は固定して下さい。 手順5:氷雪地帯 【最終キープ】. 導きの地の地帯Lvを固定する方法(Ver. ラドバルキン• 巨大鉱脈は一度セリエナに帰還しても消えることはありませんが、忘れないために早めに採掘しましょう。 例えば森林地帯のレベルを上げたい場合は、上図のように「受注・参加条件」や「探索目的」を指定して検索します。 こちらは採取によってゲージが増減し、自然に各種レアリティの素材が集まっていく。 MEMOモンスターを捕獲をするとフリークエストの特殊闘技場で再び戦うことができるようになります。

Next

【MHWアイスボーン】導きの地の効率的な地帯レベル上げ|上限解放方法【モンハンワールド】|ゲームエイト

「古代樹の森」地帯だど特に骨塚がマップの背景に溶け込んでて最初の頃は発生場所を憶えるのに苦労しますが氷雪地帯はほんと見つけやすいです。 レイギエナ• ここの巨大骨塚で採取すれば「 導きの龍骨【荒地】」が確定で一個入手できる。 通常のキリンとラージャンなので難易度はそれほど高くない。 森林地帯 森林地帯の鉱脈・骨塚は エリア6と エリア7。 歴戦オドガロン亜種• 巨大鉱脈は1度のみ採取可能で、「導きの結晶【陸珊瑚】」が1個確定で入手できる。 アンジャナフ亜種• 歴戦ディアブロス• 解析済み特殊痕跡で目当てのモンスターをおびき寄せる• 荒地と瘴気の素材を大量に確保したら、どちらかを下げて氷雪を上げよう。

Next

【MHWIB】導きの地:採取ポイントまとめ (鉱脈・骨塚・縄張り争いの跡・巨大鉱脈・巨大骨塚) ※溶岩地帯追加|近未来スライム記

全て他地帯やマカ錬金で入手可能なので、モンスターを一通り倒したら放置しよう。 痕跡集め・討伐・捕獲しまくる:地帯レベルが上がる• 地帯レベルはどうやって上げる? モンスターを討伐したり、痕跡を集めたりすることで上昇します。 採取後、ゲージは黄色に戻ります。 以下、解放要求マスターランク。 歴戦ラドバルキン• 傷ついたイャンガルルガ• モンスターが通常個体になるか歴戦の個体になるかは地帯レベルとの兼ね合いで決まっていて、おびき出しでは選択できない。 巨大骨塚からは1回だけ確定で「導きの龍骨【陸珊瑚】」を入手可能です。 なお、巨大採取ポイントが出現するとゲージは黄色まで減少します。

Next

【導きの地】陸珊瑚地帯の各モンスター出現率一覧、入手素材まとめ

導き素材は地帯・種別ごとに異なる。 ラージャンの歴戦個体からはぎ取れる歴戦の煌毛は、カスタム枠の2回目の拡張に必要となる素材です。 ディアブロス• 01(2019年10月10日〜)からは溶岩地帯、Ver. by 名無し ID:NTY2alZMfg• 歴戦ボルボロス• by 名無し ID:MoWJFhV08w• クルルヤック• 得られる素材のほとんどがこの地でしか入手できない固有素材になっていて、マスターランク装備のカスタム強化などに使うことができる。 ただ2人の場合はオトモダチを連れていけないためそこも考慮しておこう。 流石はエンドコンテンツ…やる事も覚える事も多いですね。 龍脈に鍛えられし岩骨:荒地地帯の骨塚• ただし、巨大骨塚の採取回数は増えない。 導きの竜骨【荒地】はリオレイア希少種の防具「 EXゴールドルナグリーヴ」を生産する時に3個必要になるのでこまめに集めておきたい。

Next

【MHWアイスボーン】導きの地の効率的な地帯レベル上げ|上限解放方法【モンハンワールド】|ゲームエイト

ぐっさんでした!. 地帯Lv7:MR100以上 また、それぞれの地帯におけるレベル上限は7までですが、 全ての地帯を同時にLv7にすることはできないので注意しましょう。 アンジャナフ• 龍脈の古龍骨:Lv5の古龍種• 歴戦リオレウス• ジンオウガ亜種 龍脈の古龍骨• 歴戦ジンオウガ亜種 霊脈の古龍骨• 比較的目立つ場所にあるので分かりやすいと思います。 採取も特殊な仕様になっており、鉱脈、骨塚から採取を繰り返す事で地帯ごとのLVが上昇し、採取ポイントが増加する仕組みになっている。 巨大鉱脈からは1回だけ確定で「導きの結晶【陸珊瑚】」を入手可能です。 採取巡回によって採取レベルが上がっていくと 巨大鉱脈・ 巨大骨塚が発生する。 弱いモンスターであれば1頭30秒から60秒程で倒せる為、普通に狩るより圧倒的に効率が良いです。

Next

【MHWアイスボーン】導きの地の効率的な地帯レベル上げ|上限解放方法【モンハンワールド】|ゲームエイト

ウラガンキン• おすすめの方法としては探索をすることで、狩猟したいモンスターが出現するまで何度も行き先を変更すれば、 モンスターを簡単に入れ替えることが可能です。 特別任務「」を受注しクリアする• なので、単純に上記2種のモンスターの素材が欲しいということなら、導きの地で苦労してレベルを上げるよりもMRを上げる方が楽です。 リオレウス希少種• スキル情報• 森林固有のモンスターを一通り倒したら、放置で構わない。 2019-11-28• ただし危険度3の歴戦個体以外は、1個でも入手しておけば全てマカ錬金で入手できる。 導きの地で取得できるモンスターの素材同士で交換しますが、 イヴェルカーナの素材であれば、 ほぼ全てのモンスターの素材と交換可能です!. オドガロン亜種• そんな導きの地を進めることで、いくつかの 未発見モンスターの狩猟や、導きの地で入手可能な素材から 武具の作成できるほか、 武具のカスタム強化も可能です。

Next