慈しむ 意味。 「慈しむ」ということ : 美しき言葉

「慈しむ」の意味と読み方は?由来や使い方・類語も例文で解説

この言葉はもともと平安時代の「うつくしむ」という言葉からきており、今でもこの表現を使うことがあると思います。 ですが普段使用しているこの「可愛がる」という言葉を「慈しみ」に変えてしまうと少し難しいと思うのではないですか?基本的には「何かを」というのがつくのがこの「可愛がる」です。 。 意味は通じど、物などに対して「深い慈しみを感じる」というような表現はしませんよね?どちらかと言えば「深い愛情を感じる」という言い方の方がしっくりきませんか?動物や自然の慈しみというのはありますが、物などにはその様な表現を使わないことが多いのではないかと思います。 この場合は親の立場ではなく、慈しみを受け取る「自分」ということになりますね。

Next

慈しむって英語でなんて言うの?

愛情の先には慈しみがあるという考えを持てるので、その様な考えでも良いのではないかと思います。 覚えておいて損はないと思います! 愛情 愛情というのも「慈しみ」の意味と似ています。 「悲」という字は、何かが起きたときに悲しいという気持ちに使うと思いますが、「慈」という字はその逆です。 また「慈しむ」は「愛しむ」とも書きます。 例として、職場では上司や先輩、プライベートでは両親や祖父母などに「慈しむ」という表現を使うのは適切ではなく、相手の解釈の仕方によってはむしろ失礼にあたる場合があります。 これは愛情に満ちているという表現もすることができます。

Next

慈しむの意味,読み方,対義語,類義語,慣用句,ことわざとは?

同じ意味でも類語がたくさんあるので、使い方によっては雰囲気を感じさせるものもありますし、または強く表現をする時に使うという言葉もあるのです。 今回はそんな「慈しみ」という言葉の意味について教えたいと思います。 「じんあい」と読みますが、この単語は深く思いやるという意味が強く、愛情を注ぐという意味も込められています。 悲はサンスクリット語の「」に由来し、「人々の苦を抜きたいと願う心」の意味である。 ️慈しみの類語 「慈しみ」というのは、可愛がるといったような意味がありますが、たくさんの類語があります。 ちゃんと両方に変換できます。 ではどの様な使い方をするのか具体的に見ていきましょう。

Next

慈しむの意味,読み方,対義語,類義語,慣用句,ことわざとは?

55件のビュー• 目下の者や弱い者に愛情を注ぐ 目下の者や弱い者に愛情を注ぐというのは慈しむという意味です。 とあります。 子供の頃から大切に育ててきた人というのは、成長をしても変わらずに大切に思うのです。 愛心というのは相手のことを愛する心を持つということで、漢字をそのままの意味にしたような意味も持っています。 まとめ 「慈しむ(いつくしむ)」とは「弱い人や自分より立場が下の者を大切に可愛がる、愛情を注いで大切にする」という意味を持ちます。 慈愛 慈愛の心を持つという言葉もよく聞くのではないでしょうか?慈愛というのは、可愛がるということ、深い愛情を持つというような表現をする時に使う言葉なのです。

Next

慈しむ(いつくしむ)【美しい日本語】

同僚は子供を愛しむ素晴らしい父親である。 よく「動物を可愛がる」という表現で使うことが多いですよね?この言葉は皆にとっても馴染みのある言葉だと思います。 みんながそんな人になれたら、世界はもっと温かくなることでしょうね。 もちろん、目上の人でも高齢者の方や身体が弱い方もいらっしゃいます。 基本的にはどちらも似たような意味が書かれていることが多いです。 「愛おしい」という意味がありますが、別の漢字でも「いとしみ」と読むものがありますよね?そちらの意味の場合になると「悲しい」という意味になってしまうので注意が必要です。

Next

慈しみとはどういう意味?

昔の人が俗世間的に慈悲の字を「茲心非心(じしんひしん)」と割って「この心、心に非ず」といい、自分の心を中心とするのでなく、相手の心を心として生きる。 「自然を慈しむ」と使っても大丈夫かどうかに関して言えば、「慈しむ」という言葉の意味は決して悪いものではありませんので、問題はないと思います。 「慈しむ」には、まったく悪い意味はないのですが、もしひっかかるとしたら、それは、「慈しむ」が目下の者や弱い物に愛情を注ぐ、かわいがって大事にする、という意味があるからではないでしょうか。 お互いに慈しみ合う お互いを慈しみ合うという表現もあると思います。 「可愛がる目」になると少しおかしいですよね?基本的に類義語からこの「慈しみ」という表現に変えるときは少し文章がおかしく感じることが多いです。 ですが普通に「可愛がる」の場合はこの様なことを気にせずに使うことができますよね?例え相手が根上の人だろうとこの言葉を使うことができると思います。 「深い」という用言が連なっているので「慈しみ」が連用形になるのです。

Next