マナビジョンタイピング。 【タイピング練習|P検✖Benesseマナビジョン】タッチタイピング練習│無料ゲーム紹介

ブロガーなら知っておこう!タイピングが練習できるサイト総まとめ

まずは、ホームポジションを覚える ホームポジションに戻す事が重要 キーボードを打った後は、必ずホームポジションに戻すことが大切です。 行きっぱなしになると、「指がどの位置にあるのか?」という事が把握できません。 右の人差し指「J」• たとえば「左手小指の特訓をお勧めします!」といった 簡単なアドバイスも表示されるので、 タイピング向上の課題が分かりやすい作りになっています。 このサイトでは、 正しく入力できた(できなかった)数・割合などを表示してくれることに加えて、タイピングを練習する時間を選択することができます。 ちょっぴり悪いところ 効果音・BGM 効果音・BGMは全くありません。 まずは下を見ずに打つことができて、それが出来るようになってから、初めて「スピードに力」を入れます。 い・う・お・あ・え に・ぬ・の・な・ね き・く・こ・か・け ぢ・づ・ど・だ・で ひ・ふ・ほ・は・へ ぎ・ぐ・ご・が・げ ゆ・よ・や し・す・そ・さ・せ ぴ・ぷ・ぽ・ぱ・ぺ り・る・ろ・ら・れ きゃ・きゅ・きょ ち・つ・と・た・て ひゃ・ひゅ・ひょ を・わ ぴゃ・ぴゅ・ぴょ び・ぶ・ぼ・ば・べ み・む・も・ま・め じ・ず・ぞ・ざ・ぜ このターンをひたすら繰り返してください。

Next

毎日タイピング練習

社会の構造的にはやった分だけの給料をもらえるので、年収アップも見込めます。 入力をスムーズに進めるためには、タイピング技術の向上が必須です。 右の薬指「L」• 入力した文字数と共に、正しいタイプ率 正打率 も分かるようになっています。 」 速いタイピングで、爽快感を味わいたい人にとっては文末の「。 左の人差し指「F」 右の手• 正しい文字を入力すると、入力されたところまでの色がかわります。 タイピングは、人差し指でほとんど打ってしまったりと癖が着いてしまう場合が多いので、こうやって指示してくれるのはありがたい。

Next

【子供向け】はじめての無料タイピング練習・ゲームのまとめ

入力スピードをチェックする練習サイトなどで自分の入力スピードを計り、練習を繰り返してタイピングに慣れて行きましょう。 下記の表に書いてある単語を10回ずつ繰り返してください。 問題を読み、回答の選択肢から選び、そしてタイピング、です。 これは同値ではないですが、タイピングが速いということはキーの位置を把握できているということになるので、比較的ミスが減りやすいです。 ユーザー登録(無料)すれば、成績表を作成できる 詳しくはこちら: e-タイピング 引用: e-タイピングは、基本からじっくり学びたい人にピッタリの無料タイピング練習サイトです。

Next

ブロガーなら知っておこう!タイピングが練習できるサイト総まとめ

そこでこんどは子音を入れて練習していきましょう。 どれだけ入力が早い人でも指使いがバラバラな方がいらっしゃいます。 それはあまり良くありません。 ただ文字を速く打つことだけが目標ではないはずです。 レベル5なんかはもうこれは人間には無理なんじゃないかという速度ですね。

Next

タイピング練習 (日本語編)|Benesseの大学・短期大学・専門学校の受験、進学情報

「ホームポジション」に戻すとどんな良いことがあるかというと、「下を見ずに入力」できるようになります ホームポジションとはその名の通り「ホーム(家)」「ポジション(位置)」なのです。 思考の持続性 タイピングが速ければ、タイピングに頭を使わなくてすみ、他のことに時間を使うことができます。 4級:200文字以上• どうですか? 意外とできることに気づきませんか? であれば、あなたはすでに「タッチタイピングができる人」になっています! こんどは子音を入れて練習 タッチタイピングができるようになると自信がつきます。 配置をした後で出発させます。 タイピング練習 日本語編 - Benesse マナビジョン もタイピングする文字が出てくると、それに伴ってどの指でその文字を打つべきかを示してくれる。 仕事における考えながら日本語入力の目安は、10分間でおおむね以下のように考えておきましょう。

Next

子どものタイピング練習パソコンとアプリでつかえるおすすめ5選|自宅学習|ソラミレ!

正しくない方法で一度覚えたものを自力で治すのはかなりの労力が必要です。 キータッチ2000 7-2. データ入力のお仕事やWebライティングの案件も、クラウドソーシングサイトなら簡単に見つかります。 ランキングの上位を狙いながら、空いた時間に遊びの感覚でタッチタイピングの練習に励んでみてください。 それまでにやったことを、順番に書いていきたいと思います。 「指はホームポジションに」を徹底する 指はホームポジションに置きましょう!と言われても、そもそもホームポジションってなに?と思うかもしれませんね。 若い世代でも、キーボード入力が非常に不得意で、また、場合によっては、入力さえ全く出来ない人も多いと言うことが書いてありました。

Next