薬屋 の ひとりごと 小説 ネタバレ。 【薬屋のひとりごと】8巻(1話~10話)のネタバレ情報満載!!

薬屋のひとりごとネタバレ31話前編!感想!気になる印刷技術

懐妊についてはまだわからず確証がない状態でしたが、箝口令が敷かれピリピリした雰囲気に。 いずれ後宮の争いに巻き込まれることを予想し、公主も毒や薬の知識をつけておいた方がいいと考えているようです。 むしろ、壬氏のことをあまりよく思っていませんよね。 身体の痛みより心の痛みの方がきつい。 続いて会員情報の入力をしていきます。 まず壬氏についてですが、 猫猫のことが好きです。

Next

薬屋のひとりごとで壬氏がプロポーズ⁉︎【ネタバレ注意】

さて、誰が交易商にオゴノリを扱うよう提案したのでしょうか?正しい処理もされていない、危険性が高いオゴノリを…… 猫猫の推理はそこまで。 娼館での病気や事件など、薬に関することを請け負っていた。 壬氏は印刷技術を尋ねて、もう小説を印刷したのでしょうか? 後宮のためにいろいろ考えているのですね。 それを見つけた壬氏 じんし が胸キュンな行動をっ!• 変態です。 しかし、さっき猫猫が口にしたのは無毒にする処理を施した方の海藻。

Next

薬屋のひとりごと(8) 日向夏 ネタバレ注意 碁大会と焼き印

梨花妃の息子が侵されている 病の原因が白粉であり毒だと匿名で知らせたものの信じてもらえず、遂には亡くなってしまいました。 どの事件も外す事が出来ないのです。 生活が困難になったやぶ医者は、妹を守る為に人数の少ない宦官になることを志願し、後宮に高く買ってもらったと語ります。 そこは、賢い麻美の機転で上手く伝えることに成功した。 この記事がいいと思った方や興味をもった方は是非読んでください。 (水蓮様に怒られる~) 必死に目前の拭き掃除に集中し、何とか事無きを得たが、数日経ってもその傾向は変わらず、むしろひどくなっていった。 濃いアルコールが消毒に使えるなんてよく知っていたなというと、西方で強いアルコールを使って消毒すると聞いたからと猫猫は答えました。

Next

【薬屋のひとりごと】九巻では壬氏と猫猫は結局どうなるの?玉葉后の運命は?

木版ではなく金属だと答え、多くの方に読んでいただきたいと猫猫は力説します。 オゴノリは実はきちんと処理しないと有毒である、と言いながら、それを口に含む猫猫に、男性陣はドン引き。 刻み込まれた熱が、壬氏の心の奥まで深く染み入り、壬氏の身体も心も支配しようとしていた。 罵詈雑言は甘んじて受け入れる。 猫猫が理由を聞くと、やぶ医者の家の紙が宮廷の御用達ではなくなるかもしれないという手紙が来たと言うのです。 パスワード• これでは勝ち目がありません。 そして、娘を助けてもらった玉葉は、猫猫を侍女として迎え入れます。

Next

「薬屋のひとりごと」のあらすじ紹介【ネタバレ含みます】

誰かに読み聞かせてもらったのか・・・しかし娯楽が少ないとはいえ、小説が後宮で流行るなんてことはあるわけないと思っていましたが・・・流行っていました! 主上さまが、妃全員に配られたというのです。 猫猫は姚に手伝ってもらいながら、バッタの足や羽の長さを測る。 実家からの荷物で大したことはないと話す猫猫。 この蜂蜜の事件に関してはこちらの記事に詳しく書いたので、考察など気になる方はご覧ください。 翡翠宮では玉葉妃が妊娠しているため、それを気遣い、医局を利用していました。 しかし、薔薇は開花には至りませんでした。 幸い、まともに顔を合わせていないので、特に問題にはなっていないが、毎日の掃除洗濯等をこなす能率は下がっており、1人相撲状態で苦労している。

Next

薬屋のひとりごと最新刊レビュー。2種類のマンガと小説との違いも解説【ネタバレなし解説】

が、耐えられない。 また、個人として同人活動にも勤しんでいます。 その見た目から、女性だけでなく男性までも魅了します。 猫猫の薬学の知識やよく気が付き誠実な人柄も、臣下とはいえ高官である壬氏の妻として相応しいと考えている。 声が嬉しそうに変わった。 しかし、花を咲かせるのはまた別の問題です。

Next

薬屋のひとりごと最新刊レビュー。2種類のマンガと小説との違いも解説【ネタバレなし解説】

薬酒にしようか丸薬にしようか… 猫猫は、調剤についての妄想ですっかり楽しくなって、ふへ、と一人にやけていました。 女官も生娘が多いため、いざという時知識がないために粗相ををしてしまったら不憫なので、事前に学習しておく必要があると思っていたから。 これらのヒントを得た猫猫。 行く道すがら大通りを歩いていると、以前と様子が変わったことに気付く。 他の下女は文字が読めず、猫猫は読めました。

Next

薬屋のひとりごと(漫画)最終回のネタバレと感想!結末が気になる!|漫画ウォッチ

そんな頃、後宮である事件が起きているのを耳にする。 高順いなかったら2人がくっつくことはなさそうですね笑 このネタバレ記事を読んで興味を持っていただけたら、ぜひ薬屋のひとりごと4巻をお買い求めください! 今回はこの辺で! ではでは! 「4巻の次は5巻の内容も知りたい!!」 となった方もいるでしょう。 文字の読めない人たちに、将来は全員文字が読めるようにしてほしいと思います。 そんな殺伐とした雰囲気の中、猫猫は梨花妃の様子をよく観察していました。 さぞ気持ち悪かろう… 猫猫はそう思いましたが、壬氏はめったに見られない良い笑顔を見て、一瞬あっけにとられたあとフラフラと離れて行き、そのままクッションに顔をうずめて声にならない声をあげます。 それは帝のお世継ぎの連続死というもの。

Next