怖い話 短編。 【怖い話・心霊・怪談・都市伝説】AM2時 ~3分で読める短編ショートホラー~

特選怖い話

「もしもしお母さん?」 「そうよ。 病院にお見舞いに行った加奈ちゃんは、悲しそうな顔で「おじいちゃんいなくなるの?」と聞きました。 彼はだんだんと怖くなってきた。 正月に親戚集まって昔話すると必ずこの話をされるが、俺にもわかんない。 「あなた、毎回『キャンドル・コーブ』見てたじゃない。 すると、ドン! ドアを蹴り破って警察が入ってきた。 その時、女性の声で 「3百万返せ」 突然声がした。

Next

怖い話実話まとめ短編8|夜中の恐怖体験、人を引き込む鳥居

「この人じゃなかったかい?お年玉をくれた人は」 そこには白髪頭の60歳くらいのおじいさんが映っていました。 ある日、友人ととてもよく当たると評判のジプシー占いに行ったジュリーは、彼女の父親が、翌朝死ぬと予言されて、青くなって帰ってきた。 「もう一回お年玉をくれた人の話を聞かせてくれるかい?」 おばあちゃんがそういうので僕は思い出せるだけ詳しく話をしました。 その日も2人は遊ぶ約束をしていたので、 お互いにいったん荷物をおきに家に帰りました。 以前、実験用に超強力な電磁石があると聞いたから。 夏はご先祖様がこの世に帰って来るお盆があるため、幽霊や超怖い話が風物詩になっています。 暗闇の中で、その猫の姿だけがはっきりと見えて、その点も不思議で怖かったとのこと。

Next

【怖い話・心霊・怪談・都市伝説】AM2時 ~3分で読める短編ショートホラー~

途中、男性はたちくらみを起こしある青年に助けられます。 家に帰って、そのことを家族に話したんだけど、反応はあんまなかったから 自分で、誰か住んでるんじゃないかとアパートの所有者に連絡したんだ、おせっかいだけど。 その男性達がその後どうなったか、私には知る術もありません。 もっと酷かったよ。 そんなある日の事です。 心配させないために、両親にはそのことは黙っていた。

Next

怖い話実話まとめ短編75|とある訳アリ物件、ある老後施設

「Aさん、どうして退職することになったの?旦那さん転勤とか?」と私が聞くと 「ううん、違うの。 いよいよ困り果てた友達のカーチャンは、昔から何かと世話になっていたお寺の住職にこの事を相談した。 そして、結婚して別の市に住み、もうそのことは忘れていました。 人の肉かも、と思って食べたら違ったって。 いろいろと機械の凄い音がしてたから、稼動してたのかな? 怖くなって、祖父の家に戻ろうと思って振り向いたら、 玄関のドアが何百年も使ってないみたいに錆びてて、ノブも回らない。 。 おばさんは慌ててどこかに電話し、相手に「違う女の子を探してくるから勘弁して」と謝り続けます。

Next

【実話】怖い話(短編)『オレオレ詐欺』

解説 看板のウラにあった文字、「おゆにしたたたな」をアルファベットにすると 「O YU NI SI TA TA TA NA」 逆から読むと 「A NA TA TA TI SI NU YO」 犯人の居場所 息子に携帯電話を持たせることにした。 「これまでに剥がした壁紙はどこにありますか?あなたが剥がしていたのは紙ではありません。 近くに寄るとタモの上に、これまた死んだ鮎が載っていることに気がついた。 彼女の死亡を確認したその日を境に、自宅の風呂場にはすんなりと入れるようになり、金縛りもなくなりました。 夕方彼がお金を下ろしに行くととまんまと3百万円が入っていた。 それが何故女性で、何故後悔しているように感じたのか、問われると答えるのが難しいのですが、そう感じたのです。

Next

短編の怖い話一覧

「あけましておめでとうございます」 玄関にいたのは60歳くらいのおじいさんでした。 翌日マイケルは迷うことなくビルの6階に上った… 解説 マイケルはルドルフに負けたくないので5階より上の6階に 占い 高校生のジュリーは、最近占いに凝っていた。 昔のことは、ややうろ覚えの部分もある。 一人で起き、朝食を食べ、ゴミを出して支度を整えた。 Mは私を手招きしている。 「まあまあ。 私は行くよ」 おじいさんはそう言うと玄関を出ていきました。

Next

特選怖い話

大きな窓に顔をひっつけて、何名もの子供達が私の姿をのぞき込んでいるのです。 その従兄はうちの本家の人間だったので、 蔵にはガラクタとも骨董品ともつかないものがごちゃごちゃとあったらしく、その中から何か見つけてやろうと思ったらしい。 怖い話を募集しています。 その子供達は、ついに私のいるプレハブのすぐそこまで来て、ボール遊びを止めました。 ... これはwiiのホラーゲームにcallingに時々出てくる赤い服の女性の話です。 涙がぽたぽたとこぼれていました。 男の行動 昨日は海へ足を運んだ 今日は山へ足を運んだ 次はどこに運ぼうか…… 頭を抱えて悩んだ 実は昨日から手を焼いている …案外骨が折れる 重い腰を持ち上げた 電話が鳴っている 友人に頼むむねを確認し明日までには終わらせようと腹をくくった 解説 体のパーツを運んでいる? 父親の計画 父は私に泳ぎを教えるため、電車で私を遠くの海に連れていきました。

Next