中島 リフティング ドリブル。 中島翔哉、現在は練習合流を希望も…古巣会長「グループやスタッフに受け入れられなければ」

中島翔哉、“リフティング”を釈明。自身のプレースタイルに「時々判断を間違えることもあるけど…」

。 サッカーの暗黙の了解として試合中のリフティングは「挑発」とみなされる傾向があるようで、 ネイマールは挑発とみられるプレーを多用することで評判のようですね。 世界で戦うなら緩い日本基準ではダメなこともある訳で。 ハーフタイムで交代し、前半のみのプレーとなりましたが、強烈なインパクトを残しました。 — オオトリコトリ amenbopark70 昨日のリフティングドリブルした中島翔哉、リーガでヒールリフトしてボコボコに削られるネイマールみたいで良かったですね。 このプレーでサナブリアに対して、主審はイエローカードを提示。 MFは、の練習に合流するのがまだ先になるかもしれない。

Next

中島翔哉がリフティングで挑発?南米激怒でタックル?!,ネットの声がヤバい?

スポンサーリンク. 激高するパラグアイの選手3人に囲まれる中、主審はサナブリアにイエローカードを提示したが、「相手選手も怒っていたので謝りました」と説明した。 その行動やポーズが煽りと捉えられるかどうかです。 「特に何も考えていなくて、ああいうプレーで気分を害した人がいるなら、それを目的にはしていないので謝りたい」 中島翔哉選手と言えば、『サッカーを楽しむ』ことを大前提にプレーしていることで有名な選手ですが、今回はその考えが悪い方向に出てしまったようです。 日本人に当てはめると、空手や柔道や相撲などの競技で中指を立てる行為のように、挑発ポーズをされている感覚に近いかもしれません。 『ブラジル人に対しては股抜きをしてはいけない』なんて言葉もあったりします。 スタメン出場した10番MF中島翔哉(ポルト)が前半終了間際に華麗なリフティングドリブルを披露したなか、これに怒りを露わにしたパラグアイ選手が足裏タックルをお見舞い。 ベルギー『フットバル・プリムール』も「日本のショーがパラグアイのハードタックルによって罰を受けた」「対戦相手の怒りを呼び起こした」と、中島のプレーがパラグアイ側を挑発してしまったと指摘している。

Next

中島翔哉がリフティングで報復された理由は?ネイマールの事例とも比較!

完全フリーだったこともあり、ボールを浮かせた リフティングドリブルを披露。 ポルトの選手はカウンターでボールを受け取り、足や膝を使ってボールを細かくキックして攻め上がった。 中島の華麗なリフティングドリブルは観客の目を引いたが、その一方で相手を煽る形となったのも事実。 ちょうどセンターラインを越えたあたりでパラグアイのFW(フォワード) アントニオ・サナブリアが中島翔哉には死角となる斜め後方から猛然と走り込み、 足裏が見えるほどの危険なタックルを披露。 古典的な南米の削りだ! 中島選手の1つ勉強にになったのではないでしょうか! 中島翔哉ポルト監督が激怒した動画って? 現在、中島選手はポルトガルのポルトに在籍していますが、その ポルトの監督が中島選手に対して激怒したと言うニュースが飛び込んできました。

Next

中島翔哉 反省のドリブル動画で相手がブチギレててワロタwww

南米ブラジルの放送局「Sport TV」では、同じくこのリフティングシーンの動画をアップし、「ボールを支配する手に負えないスタイル……これぞ中島だ!」とツイートしています。 日本でのプレー経験しかない選手とは違うのだから、そういう意図はなかったなんて言い訳は通用しないでしょ。 問題のシーンは、5日に行われたキリンチャレンジカップのパラグアイ戦 2-0 だ。 というかサッカー小僧の中島にはそうであって欲しい。 その試合途中、日本代表の中島翔哉選手がリフティングをしたことで相手選手からタックルを受けるシーンがありました。

Next

中島翔哉 反省のドリブル動画で相手がブチギレててワロタwww

多分またやるよ。 に より• だが、クラブのスタッフやマネジメントは彼のことを見捨てることはなかった」 「クラブは家族ではなく選手と契約を結ぶものだ。 一方、ハンガリー『オリゴ』は「ひどいタックルを受けた」と中島に同情し、「サナブリアは レッドではなく イエローカードだったが、おそらく親善試合だったことで主審が考慮したのだろう」と見解を示した。 いつもの癖なら直さないといけない。 日本代表が、5日のキリンチャレンジカップでパラグアイ代表に2-0と勝利し、スタメン出場した10番MF中島翔哉選手(ポルト)が前半終了間際に華麗なリフティングドリブルを披露したなか、これに怒りを露わにしたパラグアイ選手が足裏タックルでお見舞いし、直後に感情を露わにした相手3人が囲むというシーンが生まれ、ファンの間でも賛否が分かれています。

Next

リフティングドリブル(中島翔哉)は挑発なの?動画も調査!

ただ、今回はそのハートの強さが裏目に出てしまったようですね。 荒れたり怪我の危険が高まるだけ。 笑 — Football MAO FootballTVmao ネットの反応. 5 キリンチャレンジ杯 日本2-0パラグアイ カシマ] 前半終了間際に日本代表MF中島翔哉 ポルト が相手選手から激しいスライディングタックルを受けるシーンがあった。 また、ペルーメディアも反応している。 すると、後ろから追っていたパラグアイのFWアルナルド・サナブリアが危険なスライディングタックルを見舞い、他の相手選手も腹を立てた様子で中島に詰め寄った。 米スポーツ専門局「ESPN」の番組「スポーツセンター」公式ツイッターは、「サナブリアのこの恐ろしいキックで空中に吹っ飛ばされた」と描写。 パラグアイは暴力で訴えた」と伝えている。

Next

中島翔哉、“リフティング”を釈明。自身のプレースタイルに「時々判断を間違えることもあるけど…」

DFも破綻なく。 中島の圧巻スキルを巡って様々な声が飛び交っている。 ネット上でもタレントやモデルではと、話題になっていましたが、実際は一般の方という事でした。 中島翔哉は試合後にリフティング行為を謝罪 試合中にリフティングをしたことで相手選手から厳しい洗礼を受けた中島翔哉選手。 最後までご覧になっていただきありがとうございました。 2019年(令和元年)5月頃から ブラックアウトスパイクを履き始めて言います。

Next