安倍 首相 イラン。 安倍首相は「恥を知れ」 イラン大統領訪日抗議デモ―独:時事ドットコム

安倍首相、イラン最高指導者と会談 ハメネイ師はトランプ氏との対話拒否 写真7枚 国際ニュース:AFPBB News

だが、ロウハニ大統領は「米国が一方的に核合意を破棄した。 それにしても、G20の大阪開催という安倍外交の見せ場を直前に控えて、イラン仲介外交というパフォーマンスをしている余裕がよくも安倍首相にあるものだと思った。 安倍首相がトランプ大統領の言葉として「米国との交渉はイランの発展につながる」と語ったのに対して、ハメネイ師は「米国と交渉しなくても、制裁を受けていても、私たちは発展してきます」と答えた。 バブル経済を演出してきた資金繰りがいよいよ厳しくなっていることは間違いない。 より イラン議会で演説するハッサン・ロウハニ大統領(2019年12月8日撮影、資料写真)。 中国の石油製品市場は供給過剰状態が続いており、国内で溢れた石油製品がアジア市場を席巻し、精製マージンが16年ぶりの低水準となっている(5月23日付OILPRICE)。

Next

安倍首相、イラン最高指導者と会談 ハメネイ師はトランプ氏との対話拒否 写真7枚 国際ニュース:AFPBB News

安倍首相とハメネイ師の会談の記事は、その左隣に小さくあり、見出しは「ハメネイ師は日本の仲介を拒否」となっている。 さらに「緊張の原因は米国がイランに仕掛けた経済戦争だ。 また、防災分野における協力は口先だけの外交辞令に止まらず、イランにおける洪水被害に対する支援として日本が合計250万ドルの緊急無償資金協力を実施することがロウハーニー大統領との首脳会談上で伝達された。 よほど国会に出たくないに違いないと思った。 イランのバックにはロシアがいる。 安倍首相はイラン訪問を前にしてトランプ大統領と電話会談したと報じられた。

Next

安倍首相のイラン訪問 海外識者に聞く :日本経済新聞

翌13日の午前、安倍首相はハーメネイー最高指導者と会談して、ロウハーニー大統領に対して主張したのと同様にイランが地域大国として中東の安定化に建設的な役割を果たすよう要請した。 第1条で明確に定められている。 トランプに恩を売る戦術 令和初の国賓として5月25日に来日したトランプ大統領は手厚く歓迎され、ご機嫌で日本を後にした。 ところが、少なくとも公式の情報からはそうした様子が全くみえなかった。 20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)でイランの平和を求める立場を伝えることで、緊張をさらに和らげることができるだろう。 動揺し始めた中国の金融市場 中国の原油需要も心配である。

Next

日本の遺産を食いつぶす安倍首相-「イラン緊張緩和に努力」の幻想(六辻彰二)

その合意から米国が離脱して、軍事的な危険が高まっている時に、日本の首相がテヘランに行き、ハメネイ師と会談して、会談後に「ハメネイ師は核製造も、核保有もしないと発言しました。 安倍首相とハメネイ師の会談と、タンカー攻撃のどちらを一面のトップニュースであつかうかは、日本では新聞によって扱いが分かれた。 Yahooニュース公式サイト• NHKはハメネイ師側の言葉は何も上げずに、「ハメネイ師はアメリカと対立するイランの立場を説明」と一言で要約していることには驚かざるを得ない。 日米外交を強くした安倍外交ですが、次に中東外交で大きな成果をあげたらどうでしょうか。 飯田)総理はこの緊張関係を念頭に、間違っても武力衝突に至ることがないよう努力したいと仲介に意欲を示していましたが、イラン側からも打ち返しがありました。 goo. 関連項目 [ ]• 日本・アジア学:アジアをつなぐ旅に出よう. 「親日国」の虚像 もちろん、アメリカとの関係を最優先にするなら、「イランに何か要請すること自体に意味がある」という考え方はあるだろう。

Next

米国とイランから「余計なお世話」と言われた日本

イスラエルはイランが核を持てば、軍事バランスが崩れて国家存続が危ういと感じている。 日本の政府関係者やメディアはしばしば「親日国」という語を使いたがり、多くの場合イランもそこに含まれる。 いわばからめ手で影響力を確保しようとすることに賛否はあるだろうが、一つの外交手段として理解できる。 日本には軍事衝突を避けたいトランプ氏の意をくんだ面があり、米国に「貸し」をつくる目的もあったように見える。 日本の首相のイラン訪問は1978年9月の福田赳夫氏以来、約41年ぶり。 制裁緩和など具体的な成果が確約されない限り、対話には今後も慎重だろう。 大学院文学研究科所属教員には、イラン文献学が専門の堂山英次郎准教授が、外国語学部非常勤教員にイラン史が専門の河田久美非常勤講師、イラン地域研究が専門の森田豊子、人文地理学が専門の吉田 雄介非常勤講師が所属している。

Next

安倍首相、イラン最高指導者と会談 ハメネイ師はトランプ氏との対話拒否 写真7枚 国際ニュース:AFPBB News

すなわち、平和国家でイランとの関係が深い日本の首相が仲介に赴いてもイランは聞く耳を持たなかったと。 イラン軍の間近に迫る米軍の攻撃部隊 このように原油価格の下落傾向は鮮明になっているが、原油価格を急騰させる地政学リスクも高まっている。 しかし、ハメネイ師側の厳しい発表内容を見ると、「米との対話拒否」を主見出しに掲げた読売新聞や毎日新聞が、実際の会談の様子を伝える紙面づくりになっていると言わざるを得ない。 2019年6月13日. 4月、業を煮やしたアメリカはイランに国交断絶を通告し、を発動した。 2007年8月7日閲覧。

Next

安倍首相のイラン訪問はパフォーマンスにしてはあまりに危険だ

輸入する原油の8割、天然ガスの2割がホルムズ海峡を通っている。 安倍首相はトランプ大統領の対イラン強硬政策の片棒を担ぐために行くのだ。 ()(1959~1963年)• (1972年)• テヘラン大学の日本語・日本文学学科は、1994年に設立された。 2010-2012• 、日本は「第1929号の履行に付随する措置の対象の追加について」に基づき、イランのに関わる3行(累次の決議及び昨年の付随措置との合計20行)、銀行以外の者106団体・1個人(累次の決議及び昨年の付随措置との合計267団体・66個人)に対する支払等及び指定された者との間の資本取引等を許可制とし、銀行とのコルレス関係を停止した。 1960-1963• トランプは来年の選挙に向けて、イランに最大限の恫喝している。 イラン・イスラーム共和国憲法第12条で明確に定められている。 首相は核合意の再開は米・イランの対話の糸口になりうるとみている。

Next